働く場所を考える

マンション

多くの働く人にとって1日の大半を過ごす場所がオフィスです。快適で効率的なオフィスで働くことは、社員にとってだけではなく、企業にとっても重要な事です。快適で働きやすく効率的なオフィスレイアウトの基本を見て行きましょう。 オフィスレイアウトを考える際に最も重要なことは、どのようなオフィスにしたいかというコンセプトです。 オフィス内で行われる業務は多岐にわたります。また社員の人数や働く曜日なども企業によって違います。そのためまず自社の業務内容などのワークスタイルを把握しなければなりません。 その上で自由で開放的なオフィスにするのか、業務に専念できるオフィスにするのかなどコンセプトを決めていきます。 最初にコンセプトを決めておくと、方向性がはっきりしていますので、途中で迷った際にも立ち返ることができるです。

オフィスレイアウトのコンセプトが決まったら、ゾーニングを決めていきます。ゾーニングとはワークスペースや会議室、接客用のスペースなどをオフィス全体に割り付けることを言います。このゾーニングを決めることは、コミュニケーションや動線など、業務の効率に左右しますのでとても重要なことです。セキュリティの面でも、社外の方が執務スペース内を自由に歩き回れないようにすることは、情報漏洩対策として重要なポイントとなります。またゾーニングを決める際には、建築基準法などの法規にも注意していなければなりません。 ゾーニングを決めた後は、通路の幅やデスク間の距離、壁面とデスクの距離などを考えていきます。この際注意するべき点は、安全を配慮するということです。オフィスで働く企業の財産である社員を守るため、日常の業務を安全に遂行できることはもちろん、地震などの災害時のことも考慮し安心安全なオフィスにすることが重要です。 自社に合い、社員が快適にそして安全に業務を行えるオフィスレイアウトにしたいものです。